m salon

Hair salonの2F部分の余ったスペースを利用し、マツエクサロンもご利用頂くための内装デザイン。七坪程度の部屋に対して受付、化粧室(パウダールーム)、施術スペース(施術台3台)が求められました。マツエクの施術は化粧を落とした状態での施術となります。つまりは顧客同士が顔を合わせる事はNGとなり、それに加えてサロン空間という場所性から、顧客の滞在中は適度な心地良さや癒やしの場所が求められました。限られたスペースを完全に仕切る(必要な部屋を仕切るだけ)のではなく一体空間を視覚的(一時的)に仕切る事が可能なファブリックと、背の低いブース(H1770)を提案しました。内装材にはフレキシブルボードや野地板を採用しコストダウンを図りつつ、どこか親しみやすいアットホームな空間となりました。

一級建築士事務所 hifumiarchitects / ヒ フ ミ ア ー キ テ ク ツ

−新しいスタンダードを見つける− 家族の形態、価値観やライフスタイルが多様化する世の中で、一人ひとりの生き方に寄り添う、住まいのあり方、創り方 “唯一” を提案致します

0コメント

  • 1000 / 1000