稲美の家_3

市街化調整区域に建つ家族三人のための住まいです。広大な面積を持ちながらも全体としては歪な形をした敷地に対し、建物の配置を決める際の手がかりとして、将来的に親族の家をもう一軒配置可能にする事、二軒の住まいが建った時には、どちらの住まいも同じように日射、通風、目前に広がる田園風景を享受出来ることを考えました。農振農用地である南東に広がる田園風景はこの先も四季を通して、暮らしの中に彩りを与えてくれます。2つの大きな軒下空間は、今から始まる生活(家庭菜園なども含めて)、日常の中での様々なシチュエーションと密接に関わり、日々の暮らしの拠り所になるように計画しました。



一級建築士事務所 hifumiarchitects / ヒ フ ミ ア ー キ テ ク ツ

−新しいスタンダードを見つける− 家族の形態、価値観やライフスタイルが多様化する世の中で、一人ひとりの生き方に寄り添う、住まいのあり方、創り方 “唯一” を提案致します

0コメント

  • 1000 / 1000