次屋の家

準防火地域の狭小地に建つ、夫婦二人のための家

狭小地とは思えないほどの、自然の光あふれる開放的な空間を目指しました。

長屋の建っていた細長い敷地の特性を活かし、2階LDKは建物の長手の端から端まで見渡せるシンプルな構成の中に、変化にとむ空間を散りばめました。

24坪という面積の中に、二つのインナーバルコニーが有ります。






一級建築士事務所 hifumiarchitects / ヒ フ ミ ア ー キ テ ク ツ

−新しいスタンダードを見つける− 家族の形態、価値観やライフスタイルが多様化する世の中で、一人ひとりの生き方に寄り添う、住まいのあり方、創り方 “唯一” を提案致します

0コメント

  • 1000 / 1000