MATERIA CREPE & Tiramist Materia

商業施設によくある、フードコートの中に計画した、クレープとティラミス専門店である。フードコートは商業施設毎の“町並みイメージ”のようなコンセプトが定められていたり、目に飛び込んでくるサイン文字やメニュー表が常である。ここでは色や仕上げ材で見た目の町並みイメージ的なものに近づけるのでは無く、施設側のカウンターの高さや周りに設置された家具の配置・施設の中での場所性(周りに隣接する多種多様な販売店)などとの親和性を考える事で場所に馴染ませる事とした。サイン計画については文字の大きさや色を最大限 控えめな計画とし、飛び込んでくる情報では無く、お客様側から得に行きたくなる情報(サイン)となるよう計画した。結果、周りと馴染みつつも情報に飲み込まれない強度のある店舗となった

一級建築士事務所 hifumiarchitects / ヒ フ ミ ア ー キ テ ク ツ

−新しいスタンダードを見つける− 家族の形態、価値観やライフスタイルが多様化する世の中で、一人ひとりの生き方に寄り添う、住まいのあり方、創り方 “唯一” を提案致します

0コメント

  • 1000 / 1000