つわぶきの新芽(木下さんの山菜レシピ)

2022.03.20 つわぶきの新芽採取(的形の里山)つくし(畑の脇)


前回まだ早かった、つわぶきの新芽が旬を迎えました。 

的形ふるさと里山会のメンバー木下さんに、ツワブキの新芽の食べ方を教えて頂きました。

午前中に収穫して、その日の昼食として食されたそうです。採れたてをすぐに頂く、春を身体中で感じられそうですね。


レシピ:つわぶきの新芽の炒め煮

1.アク抜きと皮をむきやすくするために、つわぶきの新芽の葉っぱを取りのぞき、少し湯がきます。


  

2.皮をむきながら水にすこしつけます。


3.水からあげて、鷹の爪を入れてサラダ油で炒めます。味付けはみりんとめんつゆです。味がからまったら、ごまをふって出来上がりです。お好みで油揚げ、ちくわを入れても美味しいそうです。



下の写真はつくしの卵とじ

『初物いただきます!』

一級建築士事務所 hifumiarchitects / ヒ フ ミ ア ー キ テ ク ツ

−新しいスタンダードを見つける− 家族の形態、価値観やライフスタイルが多様化する世の中で、一人ひとりの生き方に寄り添う、住まいのあり方、創り方 “唯一” を提案致します

0コメント

  • 1000 / 1000