稲美の家_2

田園の中の住宅

目のまえは南に向けて田園風景の広がるとても魅力的な敷地です。

そんな田園風景と建物との関係をとても大切にした住宅。

田園に向けて大きな開口部をもうけ、外へ開くだけではなんだか落ち着かない空間となるであろうと感じました。外へ開きつつも、もう一つ包まれたような空間を確保することで、目の前に広がる大自然(田園風景)を享受しながらも、包まれた空間の中で安息できる曖昧で心地良い場所を目指しました。

物理的には外と近いけど感覚的には離れている、明るい場所と暗い場所、天井が高い所と低い所、硬い素材の場所と柔らかい素材の場所。そんな相反した場所が空間の中に混在した時、そこに心地よさが生まれると思います。

私達が住宅を設計するとき、自分たちの感覚的なことをとても大切にして設計します。

そんな言葉では説明することが難しい感覚的なことが、私達がお手伝いさせて頂いたお家に住まわれるご家族にとって、少しでも心地良い場所、そして時間となりますように。

hifumiarchitects / ヒ フ ミ ア ー キ テ ク ツ

海と里山、変わらない風景の中にある一級建築士事務所 / 123archi ’’丁度よい’’を大切に・・・ 汎ゆる建物・内装のデザイン、設計・監理を行っています

0コメント

  • 1000 / 1000