タテイト珈琲店

クライアント(店主)と初めてお会いした時、フェルメールの「ミルクを注ぐ女」のポストカードを持って来られた。

喫茶店を始めたくて、そして内装のイメージはこの絵です・・・と。後は厳しい予算を言い残し、返っていきました。

この珈琲店で空間を構成している床、壁、天井に使用された全ての素材は、一般的には下地材と呼ばれるもの。普段表には出てこない、荒々しくもどこか素朴な、そんな表情がそのまま剥き出しとなった空間が現れました。

そんな空間を、毎日珈琲を注ぐ店主へ・・・

あの絵に対する、私なりの応答

hifumiarchitects / ヒ フ ミ ア ー キ テ ク ツ

海と里山、変わらない風景の中にある一級建築士事務所 / 123archi ’’丁度よい’’を大切に・・・ 汎ゆる建物・内装のデザイン、設計・監理を行っています

0コメント

  • 1000 / 1000