鳴滝の家

京都右京区、起伏の大きい谷にある閑静な住宅地の旗竿敷地に建つ家族5人のための住居です。4方宅地に囲まれた敷地と、高度地区や景観条例等の厳しい都市計画の制限の中如何にして住宅としての居住性を高め、周辺宅地への影響を抑制するかが課題でした。西隣地住宅の日射を遮らないため差し掛け屋根とし、南側の半分の屋根を低く抑えました。南側半分は2層構成では2階部分の天井高が取れなかったため、この部分はすべて吹抜けとし、これにより1階は1.5層分のゆとりある天井高となり、同時に容積率規定値をクリアしました。内部の居住環境の向上のために、差し掛け部分のハイサイド窓から北の暗い個室群に日射を取り入れ、建物の空気を煙突効果で逃がせるような計画となっています。内装材の色を白で統一し、限られた採光でも明るく気持ちの良い住宅となっています。


計画地: 京都市右京区

主要用途: 専用住宅

敷地面積: 135.63㎡

建築面積: 64.57㎡

延床面積: 115.09㎡

規模: 地下1階 地上2階建て

構造工法: 木造一部RC混構造 在来工法

設計監理期間: 2013.1〜2013.12



hifumiarchitects / ヒ フ ミ ア ー キ テ ク ツ

海と里山、変わらない風景の中にある一級建築士事務所 / 123archi ’’丁度よい’’を大切に・・・ 汎ゆる建物・内装のデザイン、設計・監理を行っています

0コメント

  • 1000 / 1000