こんにちは。ついに梅雨があけたとか、、毎日暑いですね。もちろんエアコンも使用しながら、じかん帯によっては事務所にある窓を開けて風を通したり、はたまたカーテンだけしめてみたり、風鈴が奏でる音、入ってくる風でゆらゆらゆれるカーテンを見る…五感で感じる涼しさを探しながら、意外とたくさんある心地よさをみつける、その手間を楽しめるのはきっととてつもなく贅沢なのでは。。と思います。

窓(開口部)ってそう考えると、光を取り入れるだけでなく、景色を見たり、風を入れたり、揺らめく水面の光が入ってきたり、外の環境と断絶したり、外の環境と同化させたり、心地よさとは窓にあるのではないか?とってもとっても大切な装置?いや生き物みたいな感じがします。


窓一つ一つにとっても大切な心地よさの手がかりが隠されている。そんな気がします。単純に窓を取り付けるだけではなく、北の窓、東の窓、南の窓、西の窓、それぞれ良さがあります。

そんな事を考えながら。今設計している住宅の窓と人との関わり方、風景を想像しながら。さて、ご飯食べます。

hifumiarchitects / ヒ フ ミ ア ー キ テ ク ツ

海と里山、変わらない風景の中にある一級建築士事務所 / 123archi ’’丁度よい’’を大切に・・・ 汎ゆる建物・内装のデザイン、設計・監理を行っています

0コメント

  • 1000 / 1000