日岡の週末小屋

母屋の北側、 ひっそりとした庭に古い小さな農具小屋が建っていました。

出入口、窓、天井高さ、面積、すべてのスケールが大よそ人の生活を受け入れるには不足していたけれど、この小屋の空間はどこかピタッと体に寄り添うような心地良い距離感を与えていました。

構成材を一新し、同規模で改築されたこの小屋は、室内とその室内とほぼ同面積の広いデッキテラスがシームレスに繋がり、実際の部屋の広さの意義を”一瞬”消し去ってくれています。

週末住宅、時にゲストハウスとして使用されるこの小屋が、改築前の心地よい距離感を残したまま、そこを訪れる人を楽しませ、スケール以上の体験を与えてくれることを願っていています。

施工:かつら木材センター  主要用途:専用住宅 離れ 写真:長谷川淳 場所:兵庫県加古川市


hifumiarchitects / ヒ フ ミ ア ー キ テ ク ツ

海と里山、変わらない風景の中にある一級建築士事務所 / 123archi ’’丁度よい’’を大切に・・・ 汎ゆる建物・内装のデザイン、設計・監理を行っています

0コメント

  • 1000 / 1000