宝殿の家

大工の親方とその家族4人の住居です。中庭が欲しいという強い要望がありました、確保しなければならないスペースや建物ボリュームを考慮すると、実現が難しい事が分かりました。そこで母屋と事務所を別棟とする事で生まれる空間(隙間)を中庭のようにして使えないかと考えました。結果、母屋と仕事場との間には、通路でもない、ただの隙間でもない不思議な間庭が生まれました。間庭には将来,母屋の床レベルに合わせてデッキが施工され、リビングの延長としての空間や建物へのアプローチとなります、また仕事場と居住空間をうまく繋げる緩衝地帯となり得ます。一枚目の写真は竣工後3年が経ち、植栽工事がクライアント様監理のもとゆっくりと出来上がっています、間庭に計画しているデッキも少しづつ出来上がっていくと思います、住まい手によって変化し続ける完成のない感じ、とても好きです。建物はやはり使う人が手を入れながら変化していく事でとても魅力的になるものだと感じます。そんな余白を設計する事も大切だと考えます。


施工:テラタニ工務店  外構・植栽 : たつのガーデンアート 写真:富山 真志   場所:兵庫県高砂市

hifumiarchitects / ヒ フ ミ ア ー キ テ ク ツ

海と里山、変わらない風景の中にある一級建築士事務所 / 123archi ’’丁度よい’’を大切に・・・ 汎ゆる建物・内装のデザイン、設計・監理を行っています

0コメント

  • 1000 / 1000